企業に求められている現実的なメンタルヘルス対策とは?




近年の日本の企業の多くでは、メンタルヘルスの重要性を唱えており、一昔前と比較しても企業内におけるその位置づけは高くなっているのだと言えます。

しかしその一方で、メンタルヘルスによる訴えを起こしている従業員の数は増加傾向にあると言え、見直しはされてはいるものの、抜本的な解決へは至っていないといった面が浮き彫りになっていると言えます。

メンタルヘルスに関する対策としては、いくつかに分類されますが、まず第一に従業員自身のセルフケアが重要になると言えます。

ストレスを抱えているといった事や、職場での人間関係に悩んでいるといった事がある場合に、それらとどう向き合い、対処していくかといった方法を把握しておく必要があると言えます。

次に監督者のケアが充分であるかといった点も挙げられます。
部下がストレスを抱えた状態で就労していないか、また相談出来る風通しの良い環境作りが行われているかなどといった事も重要になってきます。

次にメンタルヘルスに対する環境作りが充分であるかです。
産業医などを配置しており、それらの者が相談者に対して充分なケアが行われている環境作りとなっているかといった事が重要になってきます。

これらの見直しを強化していく事で、問題の増加、そして悪化を減少、改善に繋がると言えます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL