運送用トラックの整備コストが嵩む原因を解説。整備コストを下げるには

大型トラック


物流企業の多くが頭を悩ませているのは、トラックの運行にかかるコストです。トラックの運行にかかるコストといっても、人件費や燃料費など、その内訳は様々ですが、このうち特に問題とされているのは、トラブルが発生した時の整備コストだと言われています。なぜなら運送用のトラックは、トラブルが多く、特に繁忙期などは車両稼働率の低下が問題になります。

運送用トラックに起こりがちなトラブルとは

それでは、どんなトラブルが起こるのかというと、多いのはインジェクターに関するトラブルです。インジェクターとは、車のエンジンの内部にある、燃料を噴射する装置のことを指します。このインジェクターは、燃料をエンジン内に供給する重要な役割を担う部品ですが、トラブルが多いのが難点です。トラックが稼働停止する原因にもなります。

インジェクターのトラブルが起こると、様々な症状が起こります。例えば、トラックの車体の振動が増したり、異音が聞こえたりします。それだけならまだしも、エンジンがかかりにくい、エンストする、加速が低下するなどの症状も起こります。症状が軽度であっても、トラックに負担をかけていることになるので大変です。

インジェクターにトラブルが起こる原因

では、なぜインジェクターにトラブルが起こるかというと、原因として多いのは、エンジン内部の汚れだと言われています。トラックは、燃料を燃やすことで動いています。この時、発生した燃えカスが、エンジンに蓄積し、インジェクターのトラブルが起こる原因になるようです。

汚れの例としては、カーボンやスラッジ、ワニスなどがあります。いずれも放置するとエンジン内部に固着してしまうので、早めの対処が必要です。

エンジン内部に溜まった汚れの対処として、エンジン内部を洗浄する方法があります。汚れを洗い落とせば、インジェクターのトラブルが発生する危険性を減らせます。ただし、このエンジン内部の洗浄は、専門的なスキルがなければできないので、専属の整備士などがいなければ、難しいでしょう。

整備士なしでエンジン内部を洗浄するなら、洗浄機器の導入を

整備士がいなくてもエンジン内部の洗浄をするための方法はあります。専用の洗浄機器を導入することです。インジェクターのトラブルに悩まされる物流企業が多いので、そのようなニーズに応えるべく、サービスや製品が提供されています。整備工場に持ち込み、洗浄してもらうのも1つの手段ですが、整備にかかる費用を抑えること、ドライバーの負担を減らすことを考えると、洗浄機器を導入することをおすすめします。

洗浄機器にも様々な製品があり、それぞれ特徴が違います。自社でどのようにエンジン内部の洗浄をしていきたいかを考えて、製品を選びましょう。洗浄機器の中には、スキルの有無に関わらず、誰でも簡単に使えるような製品があります。出発の前にエンジン内部の洗浄をするための機器で、日々のメンテナンスとして使うことで、インジェクターのトラブルを減らせます。ドライバーの負担になりにくく、トラックのインジェクターに関する悩みが解決するので、お試しください。

ディーゼルプロは、エンジン内部を洗浄してインジェクターのトラブルを解決

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL