ものづくりの変革が期待されるデジタルファブリケーションの恩恵




近年、製造業を変革する要素としてファブリケーションが注目されています。この言葉の定義は色々となされていますが、特に顕著な変革をもたらすものとしては、3Dプリンター・レーザー加工機・モデリングマシーン等のデジタルファブリケーション機能を有するものづくり変革と捉える事が出来ます。

この変革により、熟練したスキルがなくても複雑な造形を簡単に製造できるようになりました。しかもこれらのファブリケーション機器を駆動させるためのソフトも極めて安価で、フリーソフトさえ提供される様になっています。

この変革により、町工場でも複雑な製品加工を小ロット対応できる様になり、また大企業等の試作品が自社でスピーディーに行う事が出来、開発期間の短縮と軽費の大幅削減を可能としているのです。

また3Dプリンターにより、小さな工房がアイディアを具現化する手段を持った事で、独創的な商品を生み出す事も可能となり、新たなビジネスの創出にも繋がっています。

こうした変革は、熟練工の仕事を奪うと言う見方より、人口減少の中で工場従事者が減少する事をカバーしてくれるものと考えるべきでしょう。また新たな手段を確保した事で新たなビジネスのチャレンジが可能となったと捉えるべきと言えるのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL