海外赴任が決まったら?忘れがちな3つの準備




グローバル化が進む現代の日本では、大企業に限らず中小企業やスタートアップ企業に属していても海外赴任の命令を受ける可能性があります。キャリアやスキルアップにつながるため、拒否することなく海外赴任を決める方が多いのではないでしょうか?

しかしながら、国境をまたいで住居を移す海外赴任にはさまざまな準備が必要です。インターネットを用いて情報収集をしやすくなった現代では、海外赴任の準備に関する情報も容易に得ることができます。ところが、情報収集を徹底しても、事前に済ませなければならない事柄のうち、何かしらを忘れてしまう方も少なくありません。

こちらでは、海外赴任の準備で特に忘れがちなことを3つピックアップしました。

1.国際運転免許証の取得

通勤には自動車を使う方もいれば、電車を使う方もいます。このうち、電車で通勤していて普段は自動車に乗る機会が少ない方が忘れがちな準備です。

日本では、自動車を運転する際に自動車運転免許証を携行していなければなりません。同じように、海外では自動車を運転する際に国際運転免許証とパスポートを携行していなければなりません。この時に必要な国際運転免許証は、警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場で取得できます。

国際運転免許証の取得には、国内で発行された自動車運転免許証が有効期限内であることと、渡航予定を証明する書類を持っていることが必要とされます。国際運転免許証の取得手続きをおこなう際は、この2点に注意してください。

また、海外赴任中は現地で自動車運転免許証の有効期限を更新することができません。渡航前に、必ず有効期限を確認しておきましょう。

2.海外赴任者向けの保険への加入

企業に所属していると、保険に関する事柄は事務担当などに任せるケースがほとんどです。そのため、新たに保険に加入することを忘れてしまう方が多くいます。

保険会社では、海外赴任者のためのプランを用意しています。このようなプランの保険に加入することで、医療費や家主への失火責任などのさまざまな面で補償を受けられます。詳細な補償内容は保険会社によって異なるものの、海外の医療費は日本に比べて高額であるため、医療費の負担が軽減されることは大変心強いです。

健康に自信がある方でも、万が一を考えて海外赴任者のための保険プランに忘れず加入しましょう。

3.引越し業者の手配

こちらは、特にこれまで自力で引越しをしていた方が忘れがちです。海外への引越しには航路か海路を使います。自動車では荷物を運べないため、業者の手配が必要になります。当然、国内引越しではなく、海外引越しのサポートをしてくれる業者に作業を依頼しなければなりません。業者の選定にも気を付けましょう。

海外引越しサービスのエコノムーブジャパン
エコノムーブジャパンの海外引越しサービスについて、詳しくはこちらをご覧ください↑

海外赴任のための引越しならば、エコノムーブジャパンという業者がおすすめです。現地語サービスを基本としていること、荷物の少ない方向けのプランを用意していることから、引越しにかかるコストを抑えることができます。日本から海外へ向かう引越しだけではなく、海外から日本へと戻ってくる際のサポートも依頼できます。

初めての海外赴任にはさまざまな不安要素があると思います。しかしながら、しっかりと準備をすることで不安を取り除くことができ、物事が円滑に進む点は仕事と同じです。情報収集を怠らず、入念にチェックをしながら準備を進めましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL