取引先に贈る移転祝いで失敗しないためには?




企業に属していると、多かれ少なかれ別の企業と取引をする機会があります。そのような取引先との関係には様々なお付き合いが付随します。例えば、お祝いのシーンです。

事業拡大や従業員の増員をきっかけに、本社や事務所を別の土地に移す企業は珍しくありません。取引先が移転した際は、お祝いをすることが取引先との良好な関係を維持するために重要です。しかし、誤ったお祝いをしては、かえって先方を不快にさせてしまいます。ビジネスに影響が出ないとも限らないため、移転祝いの準備は慎重に進めましょう。

企業が移転をする事情はさまざまで、中には事業規模の縮小のように、マイナスな理由で移転しなければならない場合もあります。このような場合に盛大なお祝いをするのはおかしな話です。取引先が移転した場合、まず何がきっかけで移転したのかを把握するように努め、適切な移転祝いを贈りましょう。

また、企業の中にはプラスの理由であっても、移転祝い自体を一切断っているケースもあります。このような場合も無理にお祝いをすることは避けなければなりません。営業担当者と連携し、先方に失礼のないよう対応してください。

移転の理由が祝える事柄であり、取引先がお祝いを断っていない場合は、マナーを守って移転祝いの準備をしましょう。

移転祝いをする際の注意点

注意点1:移転祝いを贈る時期は早すぎても遅すぎてもNG

移転祝いを贈るベストな時期と言われているのは、移転前日から移転後2週間までの期間です。移転前日より前にお祝いを贈ってしまうと、移転準備で忙しい取引先に負担をかけることになります。

2週間後までに贈れない場合、遅くとも移転後1ヶ月が過ぎる前に贈ります。この期間は、お祝いされる側がお返しの準備を始める時期です。この時期が過ぎると、すでに先方がお返しを終えている可能性が高いため、贈ってはやはり面倒をかけることになるでしょう。

注意点2:贈り物は先方のことを考えて決めましょう

贈り物を間違えてしまうと、先方に活用してもらえないだけではなく、処分の手間をかけてしまいます。贈り物を選ぶ際は、先方の負担にならないかをよく考えましょう。

移転祝いに用いられる贈り物として人気が高いのは、こちらのフラワーサービスで販売されているようなギフト用の胡蝶蘭です。本数や花の数によって値段が変わるため、適切な価格のものを購入します。取引先の場合、金額相場は30,000円~50,000円です。

注意点3:メッセージを送る際に避けるべき忌み言葉があります

社会人ならば、お祝いの際に避けるべき忌み言葉というものをご存知でしょう。移転祝いに送るメッセージにも、もちろん忌み言葉があります。

火事を連想させる「火・赤・燃える・焼ける・煙・灰」、衰退を連想させる「さびれる、錆びる、詰まる、枯れる、傾く、落ちる、失う、閉まる、倒れる、負ける、飛ぶ、壊れる、つぶれる」は使用を避けてください。

プライベートのお祝いと異なり、何かと気を遣う移転祝いですが、「相手のことを考える」という根本の部分はビジネスにおいてもプライベートにおいても変わりません。移転祝いは取引先と良好な関係を保ち、自社の発展につなげるためという面もありますが、あくまで先方のためにおこなうということを忘れないようにしてください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL