DMの開封率をあげたいならサンプルを添付しましょう




インターネットの利用が一般的になった昨今は、商品のマーケティング方法も多様化しています。そんな中でも、費用対効果に優れたDMは昔から変わらず利用されています。近年主流となっているホームページやSNSなどを用いた方法に比べると、発送し、顧客に見てもらうまでに手間と時間がかかります。しかし、顧客の興味や関心にあわせて内容を変えるという工夫ができることから、販促効果も見込みやすいと言われています。

一方で、送られてきたDMの封を開けることなく捨ててしまう方もいます。中身に目を通してもらえなければ、利益を上げるどころかコストだけがかかってしまいます。商品購入につなげるために、まずはいかにしてDMを読んでもらうかを考えることが課題となります。

どうやって「お得感」を出すかが重要

開封率を上げるためには、まず顧客がDMに何を求めているかを知る必要があります。2018年に実施された「DMメディア実態調査2018」によると、顧客は特に「キャンペーン情報の提供」「クーポンの案内」「サンプル品のプレゼント」をDMの内容として希望していることが分かります。少しでもお得だと思える情報が含まれていれば、確認する価値があるものと判断されるのでしょう。

このうち、キャンペーン情報やクーポンをDMの内容に含めている企業はよく見られます。ところが、サンプル品を添付して送っている企業はそれほど多くありません。理由の1つとして、コストが高くなることが挙げられます。

DMのコストを決める要素の1つに重量があります。サンプルを添付してしまうとDMの重量が重くなってしまうため、多くの企業はサンプルの発送に消極的です。しかし、DMに目を通してもらいやすくなることはもちろん、サンプルの使用によって顧客が商品の効果を実感できることは商品購入にもつながりやすくなります。

サンプルの発送には格安料金の専門業者を利用しましょう

サンプルの発送で利益が見込めるとはいえ、企業ならばコストに関する問題を度外視できません。少しでもコストを抑えて効果的なマーケティングをおこなうために頭を悩ませていることでしょう。そこで格安でサンプルを発送できる業者「メールカスタマーセンター」を紹介します。

メールカスタマーセンターでは、ゆうメールとクロネコDM便を通して、年間約3億通以上のDM発送を代行しています。発送数が多く、送料に大口割引が適用されるため、クライアントにも格安料金のDM発送サービスを提供しています。これはサンプル発送においても同様です。他社よりも抑えたコストでサンプルつきのDMを発送することができます。

もちろん、サンプルの添付はあくまで開封率を上げる工夫の1つです。実際はデザインや開封のしやすさなど、複数の工夫をあわせることで、より開封を促せることも念頭に置いておいてください。送る相手にあわせて内容を変更できる点もDMの強みです。あえて手間がかかる方法を選ぶからこそ、最大限の効果が見込めるように工夫を凝らしましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL