ターゲットを絞りこむべきか、マスを対象とすべきか




販売戦略を考えると同時に、自分の売りたい商品やサービスを絞り込む必要があります。ターゲティングを行う市場はどういった状況にあるのか、市場の重要性にばかり気をとられていて、自分が売りたい商品の要点はまとめられていないというのはありがちなことです。例えば文具全般では購買層が絞りにくいですが、商品を絞ると購買層が見えてきます。

ターゲットが絞れれば、マーケティング戦略の最初の一歩を踏み出すことができます。性別で絞ると年齢層が広範囲になるために、年齢で絞り込んだ後に性別で仕分けるとさらに書品も絞り込んでいけます。宣伝効果は対象とする層に的確に訴えていかなければなりません。そうすることですべてを見込み客とすることが可能になります。

反面、不特定多数への発信にはターゲットを絞らないぶんだけ見込み客をえる可能性は低くなります。テレビで子供向けの番組の最中にお酒や紳士服のCMをしても効果がないのと同じです。特定の購買層に照準を合わせた宣伝方法なら、より高い効果を得られる可能性はありますが、商品が今日が競合する場合、自社製品が持つアドバンテージがどのように有利になるかを説明できるかが、実際のトークであれホームページなどの文章であれ必要になってきます。

ターゲットを絞った市場性というのは、入口は単純でも入り込むと何通りにも枝分かれして複雑になります。例えば、男女で区別していても年齢や住んでいる地域など様々に分類できるからです。自分が売りたい商品のターゲット層を理解することで、自社製品の強みなどをしっかりと理解し、アピールすることで販路拡大の可能性が広がっていきます。興味を引く層にターゲットを絞ることで、さらに良質な成果を期待することができます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL