成熟市場である飲食店の経営における重要な視点




日本の人口は減少傾向にあります。そのため国内での外食市場も縮小する傾向にありますので、成熟市場で敢えて挑戦をしていきたいと考えている方は戦略を持って経営に取り掛からなくてはなりません。

飲食店は既に成熟市場になりますので、他店と差別化が出来ないとすぐに飽きられてしまいます。他店との差別化はもとより、データの裏付けを持って取り掛かることをしなければお店が繁盛することは難しいでしょう。

最近は口コミでの集客の重要性が徐々に増してきています。 集客を考えた上で、これまでは駅前など交通量の多い場所でのビラ配りや新聞の折り込みチラシなどを取る場合が多いものでしたが、最近はインターネット媒体を介した口コミが大きな影響を与えるようになってきています。口コミで高い評価を得たり、話題になると立地が少し不便な場所にあったとしてもお客さんが来てくれる場合もあります。

お店に来てもらうために必要な要素としては、どういったお店なのか、価格帯はどのくらいなのか、お店のメインターゲットはどの世代層なのか、また他のお店と比べた際の秀でている部分は一体何かという点をお客さんに知らせなければなりません。如何に効率よく顧客心理を掴むかが重要な時代になっています。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL