製造業へのAI導入によるコスト以外のメリットとは?




AIと製造過程に利用する動きが進み、多くの企業が導入を検討している段階にあります。活用する場合、人件費の削減につなげることができるのです。例えば、ルーティーン作業を人ではなくロボットに置き換えれば、識別などを自動判定に委ねることで効率を上げることができます。時間にとらわれることなく、作業をスピードアップすることもできるのです。コストを大幅に削減することができ、作業を効率化することにもつながります。

作業をロボットに置き換えることで、元々その作業に従事していた人材を適正な場所に配置換えすることが可能になります。これによってコストだけでなく、人材の配置にもメリットが出てくるということになるのです。製造業では、導入によって異常・故障などの検知を自動的にすることができます。異常や故障は、生産をストップさせてしまうほどのダメージとなってくることもあります。データを収集し異常を自動的に察知すれば、思わぬリスクを回避できることになります。

納期など急ぎの作業もロボットであれば、計画的に作業を進めることができ、不測の事態を回避することにもつながるのです。人の目やスキルだけに頼ってきた現場での導入にあたって、その重要性が認識されることこそ大切になってきます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL